MENU

お祭りの季節がやってきました

今日は沼袋、氷川様のお祭り。

最近、皆で「村祭り」という歌の練習をしていました。「ドンドンヒャララー、ドンヒャララー」

やはり実践が必要ということで、皆でお祭りに繰り出しました。

 

20190824222959.jpg 20190824223052.jpg 20190824223114.jpg

 

20190824223036.jpg    20190824223140.jpg  20190824223126.jpg

 

最初は出かけることを渋っていたHさんも、神社に到着すると律儀に「先ずはお参りしないと」と。

何をお祈りされたのでしょうか・・・^^ 

Sさんは通りすがりの子どもに手を振り、うちわを振り、始終ニコニコ。「お陰様で楽しかった」と、嬉しい感想。

Yさんはあんず飴のくじで当たりが出て、2本ゲット!他の方も屋台でわたあめ、たこ焼き、ラムネなど、好きなものを購入。

たこ焼き屋さんのお姉さんに「何歳に見えますか?」、「80代ですかぁ?」。

「いえいえ、98歳です」。「えー!?見えませんね~!!」 こんなやり取りも楽しみの一つですね。

お土産を抱えて里の家に戻ってくると、お隣の小さなお嬢さんが水遊びを終えたところでした。

Hさんは持っていたラムネを差出し、「どうぞ」とプレゼントしていました。

皆、子どもが大好きです!!

今日の出来事を明日には忘れてしまっても、この時の楽しい思い出は心に刻まれています。

 

来週の水曜日は音楽会の本番です。きっと力強く、大きな声で「村祭り」を歌えることでしょう。

ドンドンヒャララ、ドンヒャララー、ドンドンヒャララ、ドンヒャララー

朝から聞こえる笛太鼓

明日も笑顔になれるよう楽しいことを考えていきましょう。

 

 

 

≫ Read More

2019/08/24        なかの里を紡ぐ会事務局   |    タグ:ホームホスピス , 訪問介護

生活に潤いをもたらす音楽

里の家で「オカリナ」の演奏会が行われました。

事前にいただいた歌詞カードをもとに、みんなで歌の練習を積み重ねてこの日を迎えました。

「里の家合唱団」結成!

「皆~もっと声を出して~」、「いいよ~とっても素敵です!」 歌を歌う皆さんのお顔は真剣そのもの。

そして歌が終わるとどこからともなく笑いが生まれます。

「はーい、のどが渇いたのでお茶を飲みましょう。今日のおやつはアイスクリームのあんこ添えですよ」

たくさんのボランティアに支えられ、里の家の住人さんは今日もこころ豊かに暮らします。

オカリナ演奏会全体.JPG オカリナと共に歌う2.jpg

 

皆で楽器を2.jpg 原さんとJさん.JPG

≫ Read More

2019/06/07        なかの里を紡ぐ会事務局   |    タグ:ホームホスピス , 訪問介護

98歳お誕生日おめでとうございます

2月22日。Mさんは98歳のお誕生日を迎えました。翌23日にお祝いの会を開催しました。

Mさんは里の家に来られて1年と少し。里の家で2回目のお誕生日です。イヤリングをつけて、口紅をひいて、今日のMさんはとても綺麗です。ご親族とケアマネさんがお祝いに駆けつけてくださいました。

 

Hさんアップ.JPG ご親族ケアマネさんとともに.JPG

 

バースディケーキ.JPG 乾杯.JPG

 

 ケーキとともに.JPG おいしいビール.JPG

 

この1年、Mさんは大きな病気もなく、食事もよく召し上がり、たくさん笑って過ごしました。しかし、時には夜眠れずに、「生きてるのが辛いよ…」と漏らすこともあります。自分の体が思うように動かないことはさぞや切ないことでしょう。

 

Mさんは若い頃に町会の役員や民生委員、書道教室の先生として地域の中で活躍してこられました。どちらかというとお世話をする側で、Mさんを「先生」と呼ぶ方はたくさんいます。長い人生を必死に駆け抜けてきたのでしょう。

 

切ない言葉に返す言葉はなかなか見つかりませんが、眠れぬその時は、甘~いホットミルクでも飲んで、思い出話でもしましょう。「Mさん。あの時は大変でしたね。」「初恋の相手は夢に出てきますか?」

「Mさん、ずっとここにいてくださいね」

私のほうがいつの間にか居眠りをしています。反対にMさんから「体が心配なので寝てくださいね」と声をかけられることも(汗)

来年のお誕生日も必ず迎えられるよう、明日からリハビリを頑張りましょう!

冨田

 

 

 

 

 

≫ Read More

2019/02/23        なかの里を紡ぐ会事務局   |    タグ:ホームホスピス , 訪問介護

里に獅子現る

2月8日金曜日 立春を過ぎたというのにとても寒い日。里の家にお獅子が訪れました。

大きな大きなお獅子はリビングの窓から登場。皆さん、「何??」と口をあんぐりと開けてびっくり。

お獅子は私たちの前で無病息災を祈る舞を見せてくださいました。そして、ジャンプをしたり、ボールをキャッチしたりといろいろな芸も見せてくださいました。

 

お獅子参上.JPG  壽賀子さん 全体.JPG

 

獅子の演技.JPG 昌子さん.JPG 悦子さん.jpg お部屋に獅子が参上2.jpg

嘉子さんボール.jpg お獅子ジャンプ.JPG 沼田さん.jpg

 

獅子を演じる紳士たち2.jpg  

 

獅子を演じてくださったのは鷺宮地域のケアマネジャーさん、デイサービスの管理者さん、訪問看護ステーションの営業マン、そして地域包括支援センターのセンター長さんです。そしてお獅子を招いてくださったのはしらさぎさくら苑の地域連携コーディネーターさん。とても息が合っていて、本当に素晴らしい活動、素敵なネットワークですね!

仕事以外にこのように地域貢献を行おうとする発想には本当に頭が下がります。本当にありがとうございました。

里の家の皆さんはきっと無病息災。長生きできますね^^。感謝です。

≫ Read More

2019/02/09        なかの里を紡ぐ会事務局   |    タグ:ホームホスピス , 訪問介護

感謝!お陰様で一周年

12月9日、里の家はお陰様で開設一周年を迎えました。

 

1年前の2017年12月9日、「ホームホスピス里の家」は紆余曲折を経て5年越しで開設しました。家主さんを始め、全国ホームホスピス協会の先輩方、地域の医療・介護の仲間たち、日本財団などたくさんの方々に支えられての船出でした。

あれからの1年、がむしゃらに過ごしてきました。入居者さんにも恵まれて、私たちスタッフは日々、たくさんのことを教わっています。ご協力下さったご家族、主治医の先生、ケアマネさん、訪問看護師さん、いろいろ相談に乗って下さった福祉用具専門相談員さん、NPOの会員の皆さま、地域の皆さま、美味しいお米を届けてくださったお米屋さん、大学の先生方…たくさんの方々に心より感謝申し上げます。

 

12月19日にささやかなお礼の会を開催しました。NPOの理事の他、入居者さんのご家族も参加して下さり、和やかな時間を過ごしました。

乾杯.JPG  Eさん親子.JPG

 

W先生ご夫婦・Sさん.JPG  団らん.JPG

 

Tさん家族4.jpg  W先生とSさん2.JPG

 

この日ようやく、お一人お一人、ご家族のお気持ちを伺うことが出来ました。

★生活の質が良くなった ★叔母の家に来ているよう ★入居前より元気になってびっくり

★食事が美味しい ★今までよりも母と親子の時間を持つことが出来た。穏やかに暮らしてほしい。

★食べることへの意欲が出てきた。美味しいご飯を家族のように作ってもらい嬉しい。

★しっかり食べることが人生の目標。リハビリはそのためのもの。

 

有難い言葉ばかりで恐縮しました。しかし一方で、きっと心配されていることもあるものと拝察します。これからも一人一人に丁寧に寄り添い、ご家族と伴走しながら、心配事を解決していけるよう頑張ります。

 

来年、家族の懇談会は地域の方々を迎え入れて、運営推進会議に発展させて参ります。この場が「地域に必要な場」となっていけるよう、場を開き、地域の意見や困りごとを伺っていければと思います。

理事長 冨田眞紀子

 

 

 

 

≫ Read More

2018/12/19        なかの里を紡ぐ会事務局   |    タグ:ホームホスピス , 訪問介護 , 通所介護 , 訪問看護

嬉しい差し入れ

本当に嬉しい、有難い差し入れ

ときどき、里の家に野菜などの食料品を届けてくださる方がいます。

昨日はたくさんの長ネギ、今日は大きな白菜をいただきました。

食欲旺盛な平均年齢91歳の入居者さんたち、そして料理上手なスタッフは「まあ!素晴らしいわね~」と大喜び。本当に感謝で一杯です。

私たちが食べれる分だけいただいて、お隣さんにもおすそ分けしましょう(^^)  

「おすそ分けの文化」は東京こそ大事にしたいものです。

 

野菜の差し入れ.JPG

冬野菜の美味しい季節。

さて、どんな料理を作りましょうか・・・。

温かいものを作って、ふ~ふ~ってしながら皆で一緒に食べましょう。

しょうがも加えて、風邪もインフルエンザも撃退します!!

ただし、口の中をやけどしないように(汗)

とみた

 

≫ Read More

2018/11/30        なかの里を紡ぐ会事務局   |    タグ:ホームホスピス , 訪問介護